W杯ラグビー 日本VSサモアの試合結果と今後の展望

ワールドカップラグビー 競技種目

試合結果前の予想

日本で開催されているラグビーワールドカップは新しい時代になって初の国際大会ですが、ロシアに30-10、アイルランドに19-12で勝利するなど勢いに乗っています。
この試合では田村優選手や、逆転のトライをした福岡選手の活躍が光り、ラグビーの面白さが分かりました。私はサモア戦はこの勢いを持続すると30-5で勝つと予想し、ベスト8には余裕で進めると思っています。
松島選手は最多トライを狙うことを公言していますし、それが実現すれば予想以上のスコアになるかもしれません。個人的にはアイルランド戦では松島選手の活躍は目立っていなかったため、積極的にトライを奪えるようになることを願っています。トライは成功すると5点を奪えるため貴重な得点源になり、アイルランド戦では1回しかなかったため積極的に狙うようにすると面白のです。
サモア戦はなかなか白熱した試合になりそうで、記事を作成している段階で結果は出ていますが見てない状況で予想しました。日本の得点源はトライよりもPGなどが多く、大差で勝てば決勝トーナメント出場にも大きく前進します。結局はトライをどの程度決めれるかがポイントですが、良い試合になることを願っています。

サモア戦の感想とスコットランド戦にむけて

桜のユニフォームを纏った我らが日本代表”ブレイブブロッサム”は青いユニフォームを纏ったサモア代表”マヌ・サモア”に勝利しました。また、勝利に対する勝ち点だけではなく、4トライ以上を決めると獲得できるボーナスポイントの奪取に成功しました。これは日本代表が予選リーグを勝ち抜くために非常に重要なポイントと言えます。それではサモア戦を振り返ってみましょう。

ペナルティキックと前半トライ

サモア戦は試合開始3分で田村がペナルティキックを決めました。試合展開としては申し分ない展開で、その後同点に追いつかれる場面がありましたが、すぐに突き放すことができたなど試合を優位に運ぶことができました。さらに、前半終盤にラファエレがトライ。前半に1トライとって折り返すことができたのは、大満足の結果といってもいいでしょう。

窮地を脱するジャッカル

後半にはあと1トライで同点に追いつかれるところまで追いつかれました。さらに、自陣ゴール目前まで攻め込まれ同点を覚悟したその時、ナンバー8の姫野が窮地を脱するジャッカルに成功。その後に2トライを奪えたのも、このジャッカルがあったからこそです。
サモア戦はボーナスポイントを含め勝ち点5を獲得しました。ここまで無敗の3勝となった日本ですが油断は禁物です。次の相手は格上スコットランド。4年前のワールドカップでは敗北を喫している相手です。スコットランド戦はアイルランド戦同様、中々トライを奪うことが難しいと思います。田村のキックで得点を積み重ね、姫野のジャッカル、松島のトライで予選全勝通過を果たしてほしいです。

今後のキープレイヤー

worldcup
月並みですが、やはり注目したい選手は松島選手です。彼に上手くボールをつなぐ事ができればトライが狙えるからです。
サモア戦では後半に投入されたベテラン田中史朗選手が良かったです。ベテランだけあって最後のパスが良かった。あのままみんなで押し込むスタイルも選択できましたし、その方が無難だったかもしれません。そんな中、田中選手のナイス判断でパスがつながりました。あの場面でのパスは勇気の要る決断だったのではないでしょうか。
観戦している側とししては非常に面白くなり良かったですが、やはり今までの経験の上での判断だったのでしょう。田村優選手の安定感は抜群です。簡単そうに見えて来るから不思議です。正確なキックは練習の賜物でしょう。
サモア戦でもそうですが、応援する側からですと、もう少しトライの場面がみたいですね。走り抜けてからのトライ。相手のペナルティでキックを決め得点を重ねるのも戦略的には良いのですが、ファンとしてはやはりトライが見たいです。稲垣啓太選手たちがドン!と相手選手を受け止めてその間を松島幸太朗選手が駆け抜けていく・・そしてトライ!・・これがぜひに見たいです。今後の試合ではフォアード陣にも気を付けて観戦したいと思っています。

タイトルとURLをコピーしました