チケット6/20抽選結果。当選の声、落胆の声。オリンピックの参加チャンスはまだある?

チケット6月20日抽選結果 チケット

東京オリンピックを会場で楽しみたい人は多いものですが、夢を叶えるためには抽選に通る必要があります。抽選は6月20日の午前2時前から大会組織委員会の個人ページで確認でき、昼間から夕方にかけて申込時に登録したアドレス宛に順次メールで通知されました。抽選結果の確認は偽メールによる詐欺を防ぐためメールではURLや当選した競技の名前は記載されないため、サイト上で確認し購入手続きの締め切りは7月2日になります。
東京オリンピックは56年ぶりに日本で開催されることもあり、抽選の結果を見て外れてしまった場合は宿泊や交通機関などをチケットと組み合わせた公式観戦ツアーや、会場内のラウンジで飲食サービスなどをチケットと組み合わせたホスピタリティパッケージが6月以降に販売される予定です。
公式観戦ツアーは東京2020オフィシャル旅行サービスパートナーのJTBや近畿日本ツーリスト、クラブツーリズム、東武トップツアーズから販売され、会社によって販売開始時期や方法が異なります。JTBは現在抽選申し込み受付中で、近畿日本ツーリストやクラブツーリズムは7月24日で東武トップツアーズは2019年夏頃の発売予定のため最新情報をチェックしてチャンスをつかめるようにしたいです。

実際の体験結果

6月20日朝7:50にチケット公式サイトアクセスすると早速下記のメッセージが表示されました。
「現在、My TOKYO 2020サイトにおいて、ご登録・ログインがしずらい事象が発生しております。ご利用の皆様にはご迷惑をお掛けして、大変申し訳ございません。」

アクセス状況

私の時は608,308人の人が朝から当選結果の順番を待っていました。

そして1時間48分後の9:38にようやく順番がまわりログインすることができました。
当選結果はご覧の通りです。
当選結果

6競技に応募してソフトボール 女子/オープニングラウンドのみ当選しました。
全部当選していれば6万以上かかり予算的にも心配していました。かといって全て外れるのも残念なので何か当選していればという気持ちでしたが結果的に見事ソフトボールのチケットに当選することができました!

抽選結果ネットや周りの当選・落選の反応

当選・落選の反応
東京オリンピックのチケットの抽選結果は6月20日に発表され、今回はかなり狭き門でTwitterなどでつぶやかれています。
芸能ニュースでも多くの芸能人が抽選結果について触れており、市川海老蔵さんが2枚当選したことをはじめ指原莉乃さんやサバンナ高橋さん、神田愛花さん、上田まりえさん、川崎希さんが幸運を手にして喜びのコメントを出しています。逆に、加藤浩次さんや水卜麻美さん、ハチミツ二郎さんは落選し、「おかしいと思う」や「小学生の格好で紛れ込む」という反応をされています。
他にも、Twitterやブログなどで抽選結果について記事にする人も多く、日本で開催される世紀のイベントについて関心が高く指原莉乃さんでも複数枚申し込んでほぼ落選していたようです。
チケットの販売は今回の抽選ですべて終わりではなく、支払期限が7月2日23時59分までになり5日から先着順販売の方法の詳細を検討して7月前半に具体的に発表をするようです。申し込みは公式チケット販売サイトのみで、秋から冬にかけて先着順販売になります。2020年春は公式リセールを行い春以降は東京都内で公式チケット販売所をオープンして販売し、抽選で外れてもチャンスがあります。

チケットサイトアクセス集中の考察

6月20日に東京オリンピック2020のチケットの抽選結果の発表が行われ、午前2時から大会組織委員会の公式販売サイト内のマイチケットから確認できるようになりました。その後、アクセスが集中して確認できるまで1時間以上の待ち時間が発生し待ち人数は100万人以上の状態が続きました。
Twitterなどで抽選結果をリアルタイムで報告する人もいますが、偽メールも出回っていて混乱のもとになっています。観戦チケットの抽選結果発表の偽メールの特徴は手続きを貼り付けているURLから行うことを指示していますが、実際には表示されていないため見分ける必要があります。他にも抽選結果通知メールのドメインが「tokyo2020」以外のものは偽物だと注意を喚起し、手紙や電話での連絡がないことを伝えています。
ID登録の件数は約750万件で累計アクセス数は2425万件もあり、5月28日に抽選申込受付の期限を12時間延長するなどの対応が行われました。アクセスの集中はサーバーの負荷になるため避けるために延長され、5月28日の20時30分頃でも並んでいるユーザー数は29万人で待ち時間の目安は実に1時間以上という状態でした。

全部外れた!他にもチケットをゲットできるチャンスはないのか?

チャンスはないのか?
東京オリンピック2020をぜひとも会場で観戦したいと考えている方は多く、6月20日午前2時からの抽選結果の発表以外にチャンスがあるかどうか気になるものです。
Twitter上で「外れた」「全滅」「落選」などが次々につぶやかれ、ID登録者が最終的に750万人で公式販売サイトへの累計アクセス数は2425万件に達していて狭き門になりました。5月29日の締め切り時点では申し込み数や総枚数などは今後の販売戦略になるため発表されず、今後もチャンスがあることが伝えられています。
今回の抽選対象は全競技ですが、残券は秋以降の先着順販売や来年の春以降の販売所の販売へと回されます。チケットの争奪戦は大会が始まる直前まで続くようで、招致段階で780万枚ですが競争は激しくなりそうです。ただし、偽メールが出回ることや先着順の販売について消極的的な意見も多く、抽選に外れると諦めている人も多いようです。
オリンピックは半世紀ぶりに日本で開催されるためぜひとも会場で観戦したいと考えている人は多いものですが、抽選の当選確率などを踏まえて自宅でテレビ観戦をしたほうがいいと考えている人も増えています。チャンスは先着順販売や販売所販売がありますが、今回の抽選以上に厳しくなるようです。

オリンピック 無料で見れる競技

無料で見れる競技
東京オリンピックのチケットはあくまで会場に入ることが許可されるもので、沿道で観戦する際には不要になります。このため、抽選に外れても一部の競技を目で見ることはでき、どのような競技があるか確かめると楽しむきっかけになります。
その競技は陸上競歩、マラソン、水泳マラソンスイミング、トライアスロン、自転車競技ロードレース、カヌーなどがあり、それぞれの会場を知ると近くに行って観戦できます。チケットは入手が困難なため沿道で観戦することを考えがちですが、周辺の道路の封鎖なども予定されているため注意が必要です。競歩やマラソンは市街地で行われて沿道から観戦できますが、当日は交通規制なども行われて混雑が予想されます。
水泳マラソンスイミングはお台場海浜公園で行われ、周辺から観戦できます。トライアスロンはお台場学園付近やお台場海浜公園駅、東京テレポート駅周辺から観戦でき、チケットがなくても陣取れば生で競技を楽しめます。
自転車競技ロードレースはスタートが武蔵野の森公園でゴールが富士スピードウェイになり、市街地で観戦できます。カヌーは葛西臨海公園の隣の施設で行われ、葛西臨海公園にある観覧車を使うと17分のうちの10分は見ることができます。

まとめ

2020東京オリンピック
東京オリンピック2020は半世紀ぶりに日本で行われるためチケットの争奪戦は競争が激しく、6月20日の抽選発表の直後はTwitterや芸能ニュースなどで当選や落選の情報が頻繁に流れました。
チケットは大会組織委員会の公式販売サイトで取り扱い、5月28日の23時59分の締切間近になるとアクセスが集中してサーバーの負荷を軽減するため12時間延長されました。抽選は外れてしまっても先着順販売や販売所販売などチャンスがあり、2019年の夏以降にリセールを行って2020年春以降に先着順販売や販売所販売で残りの分を販売します。しかし、こちらも争奪戦になることが予想され、チケットがなくてもタダで見れる競技にも注目されています。
マラソンなどは市街地で観戦できますが、当日は交通規制や混雑が予想され自宅でテレビ観戦をしたほうがいいと考えている人も多いようです。
チケットの抽選結果は偽メールなども出回っているため、警察などがURLやドメインなどに注意するよう呼びかけています。東京オリンピックのチケットはID登録件数が750万件で累計アクセス数は2425万件もあり、集中して確認できるまで1時間以上の待ち時間が発生するなど人気の高さが証明されました。

タイトルとURLをコピーしました