アフリカン・バル【Tribes】トライブスでアフリカの代表的なメニューが楽しめる

アフリカの代表的なメニューが楽しめる グルメ

【Tribes】トライブス

五大大陸の一つアフリカ大陸の様々なメニューをあれやこれやと楽しめるのが特徴のアフリカン・バルです。
アフリカ大陸は人口こそ10億人と少ないのですが、独立国家は西サハラを含めれば55ヶ国あります。
オリンピックスタジアムのある新宿区は人種と国籍の坩堝ですが、近年ナイジェリア出身の方も急増していることで知られています。
アフリカン・バル
前述したようにアフリカ大陸は広いですから、西アフリカ諸国以外のアフリカ諸国の料理も食べれる店として重宝します。
北・南・東・中央アフリカ諸国の郷土料理、現地のビールとアフリカン・バルと銘打つに相応しいメニューが揃っています。

Photo Credit:Tribes HP

アフリカン・バルならではのアルコールの豊富さ

アフリカン・バルならではのアルコールの品揃えの豊富さはトライブスの魅力の1つです。
東アフリカブルワリーの販売するケニアのトップブランド【タスカービール】はペールエールで飲みごたえが抜群です。
タスカービール
また西アフリカのセネガルの【ガゼルビール】は1928年から販売されているアフリカ最古のビールでもありこのビールも楽しめます。
ガゼルビール
いわゆるユーロスタイルのパールラガーですから、軽やかな口当たりが湿度の高い東京の夏には抜群にあいます。
この他ガーナを代表する【CLUBビール】と【STARビール】やモロッコの【カサブランカビール】と各国の人気処のビールが飲めます。
CLUBビール
ウイスキーでは2012年のWWAのブレンデット部門1位の南アフリカの【James sedgwick蒸留所】で作られている【Three Ships】も楽しめます。
変わり種でいえば南アフリカのワイン【ケープ・チーター カベルネ】もオススメです。
絶滅しかかっているチーターを保護するための基金への協力を日本にいながらできるという点では見逃せないといえます。
トライブスドリンク
総じてビンのアルコールが多く、ラベルが画一的ではないのが、アフリカのアルコールの魅力です。

東・西・南・北・中央のアフリカの代表的なメニューが楽しめる

アフリカの主食といえば、北アフリカもしくはシチリアで発祥したと考えられているデュラム小麦の粗挽き粉を使った【クスクス】を思い浮かべる方が多いです。
クスクス
またサハラ以南のアフリカの国家では【キャッサバ】と【ヤムイモ】と【タロイモ】を主食にしている国家が多いです。
クスクスとヤムイモのアフリカの二大主食を一つの店舗で食べれるのは魅力的です。
特にクスクスは北アフリカ、シチリア地域に加え中東やフランス、ブラジルでも食べられることもあり、アフリカ大陸以外の方も訪れて楽しんでいる姿が散見されます。
またヤムイモのいわゆる【フフ】は蒸したり、茹でたりしたヤムイモを臼でつき湯で練ったものですが、こちらは日本人の舌にも合うことが間違いないです。
アフリカと日本以外ではジャガイモ以外の芋を食べる文化自体がないからです。
メニュー
食事のメニューの中には牛の肺やハチノスを使った西アフリカではお馴染みのメニューであったり、アフリカ原産のオクラを使ったメニューなど豊富です。
国の名前が明示されているのは南アフリカの認定証のついたブルボスソーセージくらいですが、アフリカ各地域を旅された方なら、あの〇〇地域の料理だとはっきり認識できます。

多国籍アフリカン・バル【トライブス】

アフリカ大陸は広く東・西・南・北・中央アフリカと分類できますが、その地域を代表するフードとドリンクを楽しむことができるのが【トライブス】です。
以前は神楽坂でアフリカン・フレンチを標榜していたレストランだったのですが、四谷三丁目への移転をきっかけによりアフリカに特化したアフリカン・バルとして生まれ変わりました。
トライブス内観
メニューはクスクスとフフ、ウガリを特徴とした主食はもちろんのことですが、各地域の特色のツボを押さえているのが特徴です。
例えば中部アフリカで良く食べられている落花生を使った料理である鶏肉のピーナッツソテーであったり、西アフリカでフフと一緒に出てくる牛のホルモンを使ったトマトベースの煮込み料理であったり、各地域出身者の琴線に触れる料理が揃っています。
トライブス料理
またメニューが豊富ですから、各地域の主食と各地域の副菜を入れ替えて楽しむことができるのも魅力の1つです。
アルコール類に関していえばビールは各国の主要銘柄が豊富に取り揃っています。
宗教上の理由であまりビールが好まれて飲まれない国もありますが、総じてアフリカは暑い国が多いために、さっぱりかつすっきりとした味わいのビールが多い傾向にあります。
特に湿度の高い東京の夏にはハマります。
店内はアフリカのリゾートホテルを催した雰囲気に包まれ、アフリカ音楽がかなでられており、楽しいひとときを過ごせます。

  • アフリカのトップブランドのビールが勢揃い
  • クスクス、フフ、ウガリ地域の代表的主食を楽しもう
  • アフリカの5地域の特徴的メニューが楽しめる

55ヶ国が存在するアフリカ料理の全てを網羅することは無理です。
そのためアフリカの5地域の特色を尊重した主食、副菜とアルコール類が楽しめます。
メガシティでもある東京にはアフリカ諸国の国に特化したレストランも当然ありますが、ワンストップであれこれ楽しめる多国籍なアフリカン・バルは貴重です。
トライブス
今年の秋以降は東京で各競技のプレ五輪や各種世界選手権、最終予選などが増える機会が圧倒的に増えてきます。
アフリカ出身の方はもちろん他地域から訪れる方にもおすすめできるアフリカンバルといっていいです。
日本人でアフリカのことを知りたい方にもオススメです。
一口にアフリカといっても多彩な食文化があるのだと改めて理解できること間違いなしです。

  • 電話番号:070-5366-0092
  • 営業時間:17:00~24:00 (土曜17:00~23:00) 日曜日、祝日休み
  • 住所:東京都新宿区荒木町7−14−101

タイトルとURLをコピーしました